綿麻襦袢 
2012年5月21日発売の
「買いもの七緒 着物まわり買いもの帖2012年度版」に掲載されました。

先染縞
 (麻50%、綿50%)

緯糸を麻、経糸は3色の先染め糸で縞模様に織り上げており、麻が50%ですがシワになりにくく、着心地の良い生地です。
単衣、袷の時期には綿シルク、盛夏にはこちらの生地がサラッとして薄く、お勧め致します。


杉綾縞 (麻50%、綿50%)

緯糸を麻、こちらは経糸の織り方を変えて縞柄に織り上げており。
先染縞と同様、盛夏にお勧め致します。


お好みの色で一反から無地染できます。